当センターは"生活に困っているけれど、どこに相談したらいいのか分からない” そんな方のお手伝いをする公的な相談窓口です
 
 
タイトルロゴ
 

サイト内検索

電話:0428-25-3501
住所:東京都青梅市河辺町6-4-1
青梅合同庁舎1階
 

就労準備支援

就労準備支援


ひきこもりや長期間離職している方に、日常生活の立て直しから支援します。


支援のステップは、日常生活自立、社会生活自立、就労自立の順に行います。



1 日常生活自立ステップ


  • 課題発見トレーニング
    就労準備チェックリスト、職業興味診断を活用して、生活基礎能力、対人能力、社会適応能力のなど課題を明らかにし、個別の支援プランを作成します。定期的に支援プランを見直して、必要な支援を提供します。
  • 日常生活トレーニング
    訪問や定期電話連絡により、生活リズムや食生活などの改善をします。
  • メンタルトレーニング
    不安やストレスの対応方法を習得します。
  • 外出トレーニング
    散歩や公共交通機関の利用、図書館など公共施設などの活用法を習得します。


2 社会生活自立ステップ


  • 定期通所トレーニング
    週1回、居場所づくりやカウンセリングを目的として「くらしとしごとのステップアップ講座」に通所し、決まった時間・場所に定期的に通所する習慣を習得します。
  • 社会参加トレーニング
    ボランティア活動、地域活動等に相談員が同行し社会参加の体験を重ねていきます。


3 就労自立ステップ


  • 就労スキルアップトレーニング
    「くらしとしごとのステップアップ講座」によるビジネスマナー、パソコン教室等よりスキルアップを図ります。
  • 職場体験トレーニング
    地域の事業主の協力により、実際の職場での就労体験を行います。


 

(相談例)就労準備支援

Dさん (20代)

自分でも何がしたいかわからない状態で短期間のアルバイトを重ねた後、仕事をやめて自宅にひきこもっていました。

相談当初は笑顔がなく表情も暗かったのですが、個別面談を重ね、取組から3か月でセミナーやボランティアに参加できるようになり、やがて就労体験等にも取り組めるようになって、少しずつ自信を取り戻しました。
就労体験は、就労体験活動の協力事業所として登録されている地元のリネン会社に依頼しました。
これが不安感の解消につながり、そのまま体験先のアルバイト求人に応募して無事に採用され、就労を開始しました。
その後、正規雇用されることになり就労を継続しています。

 

相談センターについて

西多摩くらしの相談センターの概要はこちら

当センターは東京都西多摩福祉事務所から委託を受けて開設しています。
 

相談対象エリア

西多摩町村図
西多摩くらしの相談センターは、東京都西多摩郡の4町村(瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)にお住まいの方のご相談窓口です
 





 
携帯電話・スマホ対応サイト
QRコード
上のQRコードを読み取って
アクセスしてください。
携帯サイトについて
 

サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  携帯サイトについて  |  リンクと著作権について
西多摩くらしの相談センター